読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産廃

思ったことを置く場所です

ビーバップみのる監督作品「501」上映会に行ってきた

1/15日に阿佐ヶ谷ロフトAで、
ビーバップみのる監督のドキュメンタリー「501」の上映会があったので行ってきました。

ビーバップみのるさんは、昨年テレクラキャノンボール旋風を巻き起こしAV女優をおしゃれ職業にした戦犯・ハマジムの監督の一人です。

501を観て(以下ネタバレ)

そもそもこの作品は『とにかく有名になりたいというギャル「るなちゃん」を、500人の顔射+豚の顔射1発を受けてもらい「顔射の女王」にすることで有名なってもらう』という過程を描いたドキュメンタリー


に、する予定が

根性のないるなちゃんは一人の顔射も受けないまま早々に戦線離脱。
仕方なく他の主演女優を探すも、なかなか描きたいものが撮れず・・・

という狭間で葛藤するみのる監督自身のドキュメンタリーになってました。


るなちゃんを鼓舞してなんとか作品にしようとしているところまでは、テレキャノでも見た「みのる節」も炸裂し楽しく見ることができました。
名言もたくさん飛び出して完全にみのるペースって感じで、このままるなちゃんがどう変わって、豚の顔射まで受けてくれるのかな?とワクワクできます。

ただ結果としてるなちゃんが離脱し、その後作品が迷走していくなかで一番残念だったのがみのる監督自身もゆらいでしまったこと。
飄々と人の心にスッと入り込んでグチャグチャにかき回す気味の悪さと、そこまでしてもなぜか最後は爽やかに去れる小気味良さの同居こそ監督の魅力な気がしていたので。

38歳、独身、彼女アリ、セフレなし
職業、AV監督

こんな自分ってどうなんですか?
という自問自答、そもそもなんのためにカメラ回しているのかという自分探しのために作品が走り出した感じに置いてかれちゃったかな。

構想時の企画が狂ってしまった軌道修正が効かなかったんだろうなと。

BiSHキャノンボールの時にカンパニー松尾さんが「敗北宣言」した時と同じ。
あの時はアイドルに負けて、今回は「るなちゃん」にも負けて、その後出てきた有象無象の承認欲求だけが過ぎるブスたちにも作品をかき乱されて負けて、結果自分にも負けて。

そーんな印象でした。

ただ私は女なので、すこしだけみのる監督に勝った女に拍手を送りたい気持ちもある。もちろん同性として軽蔑もしたいけどね。

男の人はどうだろう、
ブスでデブの女が言い込められてセックスしてる無様な姿を観て笑いたい人はむしろダメージくらうんじゃないかな。

だって、どうしようもない男も出てくるから。2万で豚見て射精する仕事を引き受けるどうしようもない男とかさ。無心になっておナニーしてる無様な姿とかさわそういうの見て、胸にきちゃう人はいると思うよ。


最後にはそれ以上にどうしようもない女を出すという伝家の宝刀を抜くんだけど、彼女にさえみのるさんは「僕これからどうしたらいいと思います?」みたいなこと聞いてて。それがマジ質問に聞こえちゃうんですよね。だから笑えない。

上映会が終わってトークショーが始まり、壇上には主演女優3人とみのる監督が上がってたんだけど、この女共がまぁキツくて。

だって、るなちゃんの代打なのに、3人束になっても(正確には4人だけど)るなちゃんの存在感に勝てないのに、
一人一人が作品への思いを語って泣いたり、内輪ノリ出してきたりしてだるさ満載。見てる方は「誰がどの子だろ」って程度にしか思ってないのにね。無様だなぁとおもって、みのる監督もそれ苦笑しながら観てて、作品を象徴してるトークショーだなぁと。

長々と書いたけど、501自体はまだエンターテイメントの域には達してないかも、ということが言いたかった。これを話の種にしていろんな人があーだこーだ言ってるのを読んで作品を昇華していかないと、お金払ったのを納得できない作品かなって思いました。




使ってよかったもの

使ってみてよかったものについてまとめて書きます。

1 スタバのタンブラーf:id:sweet_pan:20160103091334j:image
これ、バカにしてはいけません。値段もサイズもデザインも豊富で、逆さにしても内容物が飲み口から漏れてこない。値段の割にしっかりしてると思います。
しかもタンブラーを買うとドリンクチケットが一枚ついてくるので、カスタマイズしまくって使えばタンブラー自体の値段が下がった気がしてかなりお得。抹茶フラペチーノにシロップ追加チョコチップ追加したっていいんですからね。

2 サマー2013トート
f:id:sweet_pan:20160103085327p:image
もはや説明不要の、テレクラキャノンボール公式グッズです。私以外これを街中で下げている人を見たことがないし、「それって、あの…」と声をかけられたこともありません。でも誰かがひっそりと気付いてくれていたらそれでいいんです。デカくて小旅行くらいいけるサイズ。

3 中野ブロードウェイのデカ盛りソフトクリーム

f:id:sweet_pan:20160103085856j:image

意外とひとつひとつのフレーバーがしっかりしている。一人で食べているとオタクがすごい見てきます。

4 映画 バクマン

f:id:sweet_pan:20160103090614j:image

久しぶりに胸が躍った。
2015年ベストワンです。

5 NOZY coffee

f:id:sweet_pan:20160103091421j:image
いわゆるサードウェーブ系のコーヒー屋さん。都内に3店舗くらいあるのでしょうか。
シングルオリジンにこだわり、豆本来の味わいがホニャララらしいです。
特にフレンチプレスという淹れ方が好きです。

以上です。

2016年の目標

2015年は嫌なことがたくさんあった分、本当に大切なことが見えた年でもありました。

2016年の目標をここに書いてしまいます。書いてしまったということはやるしかないわけです。やります。

もし、私のリアルな知り合いで、「おいお前やってねーじゃん」と思う方がいたら報告してください。

ではいきます。

1.缶コーヒーなどの市販の飲み物にお金を使わない

特に冬の時期はカイロ代わりに缶コーヒーを買いがちなのですが、これが結構な出費になるのでやめます。最近スタバのタンブラーを買ったので、それにルイボスティーか白湯を入れて持ち歩きます。

2.毎日テレビをちゃんと観るか、週に一度は何かしらのイベントに参加する

テレビを観なければいけない仕事なのに、テレビを捨てるという暴挙に出た去年。テレビを観ることは本当に苦痛になりつつありますが、ちゃんと面白いとか面白くないとかを考えて観るようにしたいと思います。あとはなんか早く帰れる日はイベントに参加する。

3.人の悪口を言わない

これは何年も思い続けて全然できない。最悪、悪口を言ってしまったら3倍褒める。

4.スキンケアを怠らない

もう25になるので、ほんと怖いので、化粧を落として保湿するという当たり前のことをしたいです。

5.少しのことで激しく落ち込まない

これはどうしたらいいのかまだわかりません。お酒に逃げない。

6.毎日決まった食事をする

朝から焼きそばとか食べない。
朝はヨーグルトとパンとコーヒー。

7.「嬉しい」「素敵ですね」をちゃんと言う

言え!

8.明日を捨てない

きちんと帰り、寝て次の日に備える

9.収支の管理をする

赤字の月はつくらない

10.友人や家族を大切にする

どうしたらいいのかわからないけど、大切にしていきたい


以上

バカなフリして聞いてこい

「バカなフリして聞いてこい」という言葉は社会に出てから覚えた。

知っていて当たり前のことや聞きづらい物事について確認したい時、主に上司が部下に対して「おい、お前バカなフリして聞いてこい」というふうに使う。

社会において、「バカだから」というステータスは意外と武器になるのだと思うきっかけだった。むしろ、若手のうちはバカなふるまいができたほうが重宝される気がする。

少しのミスも「あいつは仕方ない」と目をつむってもらえたり、愛らしいマスコットのように、上司や会社のペットのように扱ってもらえる。

私はバカなフリができる人がずっとうらやましかった。
会社で、単純なミスを「うっかりしてました」と茶目っ気たっぷりに言える人がうらやましかった。

ほとんどのことは教わらなくともなんとなくできてしまうわりに、本当は人と話すことも、何かを計画することも人並かそれ以下だと、二十歳を超えてから気付いた。

けれど、今更。と、自尊心から弱みを見せることもできず、「一から教えてください」が言えない。

しれっとやってのけているようで、いつも緊張とプレッシャーに苦しんでいた。やがてメッキが剥がれ出すと周りは驚きと落胆の色を隠さず、バカでもない、「本当にできないやつ」の烙印を押した。

怒られ慣れていないので、当たり前のことを注意されるだけで頭がカーッとなる。ずっと、周りの目が気になって仕方ない。

本当は誰も気にしてないかもしれない。
でも私にとっては「本物のバカ」と心の中で嘲笑われているようで、一日そのことが頭から離れない。

「バカなフリして」ができないまま四半世紀生きて、自尊心だけが高い、使い物にならない本当のバカができてしまったと感じた。


こういう人は他にもいると思う。
はじめから、何もできないほうが幸せだった。


奥田民生になりたいボーイ/出会う男全て狂わせるガール

いまさらですが、知人に借りて最後まで読んだので感想を書こうと思います。

前作の「カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」は、こんな女に恨みでもあるのか?と思うにとどまったけど、今作は渋谷直角さんのもっと深い心の内を投影しているような気がします。

以下ネタバレ



物語の主人公・コーロキは35にしてまだ自己プロデュースができずに、いまひとつイケてないでいる。でも”奥田民生”という自分のルーツには絶対の自信があり、「民生みたいになる!」それだけが彼の人生の指標となっていた。

一方、物語のもう一人の主人公であるあかりはコーロキの趣味や生き方をハッキリ否定する。コーロキは自分があかりと上手くいかないのは「奥田民生になりきれてないからだ」と自責するけど、この辺りから妄信的に奥田民生を崇拝するコーロキと、いまのコーロキに必要な素養の乖離がでてきて、「ちげーよ!民生はそんなに万能じゃねーよ!」とツッコミながら読み進める。「ライブとか服が臭くなるからキライ」とまで言うあかりに奥田民生最強説は通用するはずがない。けれどコーロキはそれを受け入れない。

物語は衝撃的な展開(ある種ホラー)で幕を閉じ、コーロキは数年後別人のように生まれ変わる。
あの時手にしたかったものを全て手に入れるが、奥田民生にはなれなかったと言う。はたから見たら「民生っぽい人」にはなれているのかもしれないが、取り繕ってそれっぽく見せているだけだと。でもそうするしかやり方がなかったと。

奥田民生みたいになるんだ!」

かつての自分のまっすぐな気持ちに押しつぶされそうになりながら、それでもコーロキは東京で生きていく・・・・


いや、なんなんだこの急な現実!!!
物語の終盤で出主人公が渋谷さんを批判的に評するというメタ表現、ここで言われてることは渋谷さんがずっと現実世界で言われ続けてきたことなんだろうなと思った。主人公が編集として携わる「マレ」というライフスタイル雑誌も、たぶんアレとかアレとかアレのことだろうな・・・と。

渋谷さんはサブカル界隈で長年仕事しているけど、「ボサノヴァ〜」でその地位を確立するまで、自分の立ち位置が定まらない期間がすごく長かったように思います。
サブカルという小さいようで大きなジャンルの中の住み分け論争のなかではじかれてははじかれての屈折の日々があったんだろうなと。そんななかで、うまく自己プロデュースして自分の居場所をつくっていく者たちをたくさん見てきた。「きたねぇなアイツ、中身なんてカラッポのくせに・・・あんな風に成功するのは嫌だ・・・」などと思ったりしたのでは。

主人公・コーロキが最後はそうなったように、結局生きていくためにはそういう器用な人達に習って自分の夢や希望を殺さなきゃいけない日がくる。
ひょっとして、憧れ続けた民生も、そうだったんじゃないか?飄々とやってるなんて偶像で、水面下ではもがいてもがいて・・・飄々と見せていただけなんじゃないか?
奥田民生なんてどこにもいなかった」
それをコーロキは知ってしまった。そして青春は終わるのだ・・・

ああ、この世のなかってなんて残酷なんだろう。

本の帯に「身につまされ、面白いと口にするものだけが、これを面白いと感じる」と山内マリコのコメントが載っていた。
その通りだと思った。

身につまされてるうちはまだ私も青春の最後の残りカスのなかにいるんだろう。






低血糖症についての覚え書き

病気をしてから大好きなお酒を控えないといけなくなり、コーヒーをよく飲むようになりました。
近所にシングルオリジンにこだわった素敵なコーヒースタンドがあるというのも手伝って、気になった豆を買って家で挽いて飲んだりしています。

不眠症ぎみなので毎朝あたりが暗いうちに目がさめるのですが、することもないので豆を挽いています。朝の4時に豆を挽いている女、世田谷区で私だけでは・・・


話は変わり、私は血糖値と血圧が低いのと血が薄すぎて献血を断られるという檄不巡体(げきふじゅんたい)なのだけれど、
最近になってその体質に拍車がかかっています。

それでまあ、朝一でコーヒーを飲むと手が震えたり冷や汗が出たり頭が真っ白になるのでなんだろう〜と思って調べたら「急性低血糖症」の症状でした。

カフェインは空腹時に飲むと血糖値を下げる作用があるらしく、元から血糖値が低い私はコーヒーのせいで急性低血糖になってしまったわけです。
しかも急性低血糖症は最悪の場合昏睡状態になって死ぬらしい。怖すぎ。

空腹時のコーヒーは控えようと心に決めました。

が、それをすっかり忘れ、今日はブラックコーヒーを4杯飲んだのに固形物を食べなかったんですね。

そしたらもう過去最悪の低血糖になり、二日酔いのような吐き気と車酔いの脳がぐらつく感じが同時に来て、手足がガタガタ震えだしたんですよ。え、何よー?と思って顔見たら真っ白で。そこで初めて「しまったー!!」と思いました。

乗ったばかりのバスから飛び降りて、自販機でアクエリアスを購入。バスから飛び降りてガタガタ震えながらアクエリアス買う姿見た人、アクエリアスって中毒性あるのかなと思っただろうな。でもそれどころじゃないので500mm一気飲み。数分したら震えがおさまって一命をとりとめました。あと数分したら気絶していたと思う・・・
なんとか歩けるようになったのでコンビニへ向かっておにぎりを購入。

おにぎりを食べたら頭がまわるようになったので、改めて急性低血糖について調べると、震えや冷や汗が出始めるのは症状としてかなり末期で、それ以上下がると昏睡状態になるらしい。ゾーー!!!!


低血糖症を予防するには普段から規則正しい生活と食事をするほかないらしいです。
朝4時に起きてるんだけどなぁ・・・

サードウェーブ系男子は最高の結婚相手

サードウェーブ系ってなに?という方はまずこれを読んでください。

http://matome.naver.jp/m/odai/2142924699261661901


サードウェーブ系男子はサードウェーブコーヒーから派生した造語で、簡単に言うと「スタバにいそうな男子」のさらに上にいるおしゃれな人達のことです。

「スタバに居そう」はもはや褒め言葉でもなんでもなく、むしろ意識高い系をバカにしたい人が使うことが多いですよね。

でも「スタバとか行っちゃうんでしょ?(笑)」というイジリは自分の中のオシャレがスタバで止まっているということを露呈する上にまだスタバも素直に使えない自意識が高いだけのクソだと言っているようなもので最低です。今すぐ使うのをやめましょう。

サードウェーブ系男子は「スタバ(笑)」とか言う人達とまるで違う世界に住んでおり、かといってスタバの店員さんがカップに書いた心のこもってないメッセージをありがたがってSNSに投稿する人達とも違います。

サードウェーブ系男子はベローチェのようにスタバを使います。

そこに一切の恥じらいも、謎の誇らしさもなく、心に何の波も立てず、トールのソイラテを飲みます。

彼らは「スタバはオシャレだな〜」から卒業し、「スタバのコーヒーとか不味いわ〜」も卒業し、自意識から解放されているのでとても晴れ晴れとしています。

音楽も一通り一周しているので、ジャニーズもAKBも批判しません。むしろ「今井美樹の最新アルバムは音楽性が高まってる」などとよくわからないこじらせ方をしていて、つかみどころがありません。


ただサードウェーブ系男子はお金がないとできません。
でかいパキラとルクルーゼの鍋を買わないといけないので。

とりあえず一度はDJと登山とボルダリングを経験してないといけないので時間もないといけません。

社畜にサードウェーブは無理です。彼らはすぐに独立国家を立ち上げたり、「減速して生きる」を読むので社畜という過ごし方を選びません。

もうおわかりでしょうか、
サードウェーブ系男子は自意識も超越していてお金もあって自由もある最高の結婚相手なのです。

サードウェーブ系のことを量産型と言う人も居ますがサードウェーブを量産型という人の方が量産型なので無視します。

サードウェーブ系のことをバカにできるのはライフスタイル誌の編集部を長年務めた挙句本当にいいもの(刀職人の作った爪切りとか)を集めるようになってしまった人生をセミリタイアしている人です。

書いててなにが言いたいかわからなくなってきたけど、とりあえずサードウェーブ系男子は最近概念化されて可視化したので多くいるように感じるだけで本当はそんなにいません。


だから見つけたら教えて下さい。