読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産廃

思ったことを置く場所です

映画 「怒り」 自分の無力さへ



映画「怒り」を観てきました。
ネタバレを含むので観てない人は読まないで下さい。でも、観てない人は観て下さい絶対。絶対だ。

最初にこの映画のメインビジュアル(キャストがコマ割りでそれぞれ厳しい顔をしている)を見たときは、「暗そうな映画だな、湊かなえか?」という偏見を持った程度でした。

それが、どうしても観たい!と思い直したのは「妻夫木聡綾野剛が恋人役!濡れ場も」というゲスな見出しのネットニュースがきっかけでした。
恋人役を演じるにあたり、出会いのシーンを撮った日から実際に同居したという二人。お互いを本当に愛おしいと思うようになったと。

「ほぅ………イケメン同士の……濡れ場」

ホモが嫌いな女は居ません!という名言がありましたが、そんなに愛し合ってる演技なら観てみたいな、いや絶対観たいな。公開日に観るべきだと思うようになりました。




行ってきました。




そして141分の上映を終えた私の感想。
「あぁあぁあぁ…」
私は膝から崩れ落ち、TOHOシネマの床に寝てヤダヤダヤダーーー!!!と暴れ叫んだ。心の中で。


この映画には、「未解決殺人事件の犯人は誰なのか?」という謎解き要素があり、いちミステリー映画としても一流。

だが、それ以上に!!
心を閉ざした人間が愛を受けて懐柔されていく様子、
一方で愛する人を疑わなければいけない人間の心理描写!!

俳優さんたちの演技にうなるばかり。

広瀬すずってめっちゃいい表情できるのね。
宮崎あおいのことなめてました。
世界のケンワタナベ。
バラエティの時のキャラクター大嫌いだけど、愛しいよ綾野剛
人たらしだけと危うさが見え隠れする演技が至高の森山未來

どこにでもいるピエール瀧


そして妻夫木聡
妻夫木聡!!!
妻夫木聡!!!!!

いつの間に彼はこんなにいい俳優さんになったのでしょうか。
ブッキーは泣きの表情と演技が素晴らしい。
この涙が、どんな感情で溢れているのか、わからない。
そんな涙の理由を、理屈じゃなくて心に訴えてくる。

母親が亡くなるシーン
そして喫茶店から出てくるシーン

どちらも彼は泣く。
こみ上げてくるものを理性的に制しようとした前者と、感情を包み隠さず街中で泣いた後者。

大切なものを失った悲しみは同じだけれど、後者の涙には「怒り」がある。

「怒り」

タイトルにもなっている感情。どんな時に人は怒るのか。

「自分の力じゃどうしようもないことってあんじゃん?」

「わかる気のない人には何を言ってもわからないよ」

「男はいい。だが女はダメだ」

「戦えないよ。私そんなに強くないよ」

それぞれのキャラクターがどこかで諦めを経験している。自分の力じゃどうしようもないこと、生い立ちや疾病、性癖や世間の目。変えられない過去が苦しめる。そのたび自分の無力さを思い知る。

そして「怒り」へ。

長いトンネルのような閉塞感とともに進む物語は、最後までわかりやすく光を差し込んではくれない。
希望が見えないまま、それでももがいて生きていくであろう彼らのことを考えて、エンドロールで動悸がした。


最後の最後、
広瀬すずのあのシーンで物語を閉じたのは、
結局私たちはそうするしかできないということを思い知らせたかったからではないか。

絶対観てください。