読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産廃

思ったことを置く場所です

星野源

星野源
星野源桃源郷であり、もはや概念。

Aスタジオに出ている星野源を見ていて、「う、動いてる!ひ〜!」となってしまった。

この間のオールスター感謝祭ぐらいから星野源が好きすぎてどうしようもなくなってしまい、静止画の星野源しか受け付けなくなっている。

げんたん。星野源のことはそう呼んでいる。PCのデスクトップもげんたん、iPhoneのロック画面もげんたん。
でも動いている姿はまさに星野源という生き物で、34歳なりの肌をしてて髭も伸びるしつむじも存在する。愛おしすぎ。もうこっちは現在進行形の星野源まで追いかけてく体力ないよ…。

舞台やってる俳優独特のギャグ線(like a 大泉洋)がたまに鼻に付く感じも含めて愛おしい。
無駄に長いツッコミとか。上手いこと言おうとする感じとか。お前それクラスでやると会話のリズム崩してウザがられるやつだぞーって。はぁ。

げんたんが病で倒れた時に「誰に頼るのも重いかなと思って一切の連絡を絶った」という話をしていて、この人のこと本当に大好きだと思った。
おこがましすぎるけど、やっぱり私と同じ何かを持っているんだと思わせてくる。天と地ほどの差があるのに、げんたんはやっぱりこっち側ダァ〜と思わせてくる。
でも絶対星野源には抱いてもらえない。なんなんだ星野源