読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

産廃

思ったことを置く場所です

朝活n日目 仕事とは

朝活(というかただの早起き)が始まって早幾日。

白湯は相変わらず続けていて、なんとなく効いている気がする。

昨日は仕事先の人との飲み会だった。

いまの仕事を辞めようか悩んでいるので、その場にいる人たちと人間関係を深めたいとも思わず。

自虐ネタで場を盛り上げている30代半ばの女性を見ていると「この歳になってもこんなことをしなければいけないのか」と絶望。偉いんですけどね。

課長島耕作にこんなエピソードがありました。

「裸踊りをしろ!」とクライアントから言われて「いやですよ〜」と断る島耕作
するとクライアントは激怒。

その場にいた部長が「私、やります!」と言い、見事な踊りで場を盛り上げる。
島はそんな上司の姿を見て、自分がカッコつけていたことがダサかったと気づき泣く。


うーん。
バブルの頃は部長のような人間が尊敬されたんだろうけど、
今の若者の価値観では「クライアントも部長も終わってる」となる気しかしない。退職エントリまっしぐら。

人間が一生で成せることはそんなに多くない

タイトルの通りです。

 

人生100年、といっても活動的なのはせいぜい50歳まで。経済的にも能力的にも自由になれるのが25歳くらいからだとしたら、およそ25年の猶予がある。

 

(「50歳からはなにも生み出させない」というわけではないけれど、特に女性は、若いうちに何か生み出すことに価値がある気がするのでこの設定のまま進めます。)

 

その間、多くの人は子供を育てたり、仕事で何か偉業を成し遂げたりする。

しかし「成し遂げ続ける」人というのは少ないはずだ。

 

スポーツ選手だって、今をときめく俳優にだって、総理大臣にだって旬がある。自分のエネルギーが最大限発揮できて、かつ公共にそれが認められる時期を旬だとするならそれはほとんどの人にとって10年もない。

 

人生の代表作が1つあるだけで優秀すぎるほどだ。

 

最近、10年でなにができるかというのを考える。

 

今からコツコツブログを書いていたら10年後には本の一冊でも出せているだろうか?(10年かけてその程度の実績しか残らないなら虚しすぎるが)

 

筋トレを始めたら?英会話を始めたら?妄想は尽きないが、すでにそれを突き詰めている人が大勢いるのでおおよそ到達点が見えている。

 

自分が一生で成し遂げられることなど、子を育て、会社を勤め上げることぐらいなのだろう。大勢の人がそうであるように。

 

それさえままならない気がしてどうしようもない。

 

このままなにも残さず死ぬのか?と不安になる。

これは私の最後の思春期なのかもしれない。

 

なにを突き詰めていくのか決断を迫られている。

 

 

朝活四日目

朝活四日目、寝坊。

 

白湯を飲むと朝からスッキリ。

早くも習慣化しつつあり、

白湯を飲まないと1日が始まらない気さえする。

 

また、早く起きて朝に家事をすませるようになると、帰宅してからのストレスが減った。

 

洗い物がたまっていたり、

床が汚れていたりしても

クタクタに疲れた状態ではやる気も起きない。

 

エネルギーがあるうちにサッと済ますのが正解なのだろう。

 

 

 

朝活三日目

朝活も三日目となった。

 

昨日久しぶりにお酒を飲んだらスカッと目覚められず。

お酒って身体に良くはないなと実感(飲むけど)。

 

 

白湯チャレンジ始めてからお通じがよく、

 

お通じが良いと気分が良くなる。

 

腸内環境が整えば人は笑顔になれる気がしてきた。

 

これは発酵食などに目覚めるパターンか・・・

 

あとは朝活で使っているお弁当で昼食を済ますようにしてから、

夕方異常にお腹が空くようになった。

 

あまり空腹時間を作るのも良くないらしいが、

ガッツリ完食するのもはばかられる。

 

「ヘルシースナッキング」というのも話題だ。

(低カロリーなものをちょこちょこ食べること)

 

食は楽しみなので、私としては「お弁当」というのがもうひとつの我慢なのに、夕食くらいは楽しみたいのだけれど・・・

 

お弁当の質を上げる・量を増やす

or

早めに夕食を済ませる 

 

上記を意識してみようかなっと。

朝活二日目

昨日は20時ほどで眠くなってしまった。

朝にエネルギーを使いすぎるのも考えものだ。

 

起床してまず白湯を沸かす。

 

沸かしながらお弁当の準備をする。

 

15分ほどでこれができてしまった。

 

ワクワクしながら取りかかれることないかな〜

朝活はじめました

書くことのリハビリを始めようと思う。

 

そもそもわたしは文章を書くのが好きで、それはツイッターの140字でも小論文の800字でもそうだ。

 

文章の方がうまく言葉を伝えられる気がするので、大事なことは一度文章にしてから口頭で伝えるようにしている。

 

それがしばらく仕事が忙しく、文章を書くことから遠ざかっていた。書いても仕事の愚痴ばかりになるのでなんだかなぁ、というのもあった。

 

書くことのリハビリの主題としては「朝の過ごし方」にする。

 

朝活という言葉も随分定着したが、朝の過ごし方でその日のコンディションが決まる。

 

ということが

OZ plus(オズプラス) 2017年 05 月号 [雑誌] https://www.amazon.co.jp/dp/B01MTCRTQB/ref=cm_sw_r_cp_api_s6e0ybMQZ2PJJ

 

に書いてありました。

 

私は朝に強く、ショートスリーパーなので5時には目が覚めてしまう。二度寝もほとんどなし。しかし出社まで5時間も猶予がある。ありすぎだ。

時間を持て余すので最近は6時までは寝るようにしている。

過ごし方はこうだ。

 

1、まず白湯を沸かすorアイスコーヒーを淹れる。

これはどちらも腸を刺激して便通を起こすのが狙いである。

 

2、Yahoo!ニュースを開き、その日のニュースに一通り目を通す。Yahoo!ニュース大好き。

 

3、シャワーを浴び支度をする。

 

この3つをものすごくゆっくりとやり、3〜5時間過ごしている。

 

無駄!!!!

 

もうちょっと充実させたかったので

 

・お弁当をつくる

・なにかクリエイトする

 

この2つを取り入れようと決めた。

なにかクリエイトする、というのはブログを書いたりレビューを書いたり手芸をしたりとにかくなにかクリエイトするのである。

岡田斗司夫が「どんなこともやり続けているとクリエイターになる」と言っていたのでそれをしようと思う。

 

実を言うと今日がその初日なのだ

 

 

悩みの可視化を

最近のことをまとめて

 

ずっと死にたい仕事辞めたいもう無理ばかり言っている。言っているし思っている。

鬱っぽいけれど、それとは違う。死にたいと思うほどの苛立ちや虚無感のひとつひとつにきちんと理由があり、それが積み重なって、とても抱えきれない大きな懸案になっているのがわかるからだ。

そのひとつひとつは本当にくだらないことだったりする。だからいちいち名前をつけずに「新しいフォルダー」「新しいフォルダー(1)」「新しいフォルダー(2)」てな感じで保存していたら、いつのまにか私のデスクトップは「新しいフォルダー(∞)」でびっしり埋め尽くされていた。心が痛い時に、痛みの患部がわからない。辛いけれど、何がいま辛いのか自分でも本当にわからない。

 

つらいつらいと言っていれば当然「なにがつらいの?」と話を聞いてくれる人がいる。その時は本当にそう思ったから「仕事が忙しくて」と答えたら「休んでみたら?」と返ってきた。なにか違う気がする。実際少し休んだところでなんの解決にもならなかった。仕事が忙しくて、というのは本音だけど、私が抱えているのは「仕事が忙しい」という悩みだけではないからだ。

「(慢性的に)仕事が忙しい」「(今日は)仕事が忙しい」「取り掛かっている作業が苦痛」「会社の空気が淀んでいる」「同僚が気に入らない」「上司に不満がある」「仕事を変えたい」「仕事を辞めたい」「働き続けたい」「キャリアアップしたい」「一般職に転職したい」

 

仕事の悩みと一口に言っても、常に25個くらいの悩みが矛盾しながら混在していて、頭のなかで渦巻いている。給湯室トークで上司の悪口を言い、少し気が晴れても、まだもやが残る24個の悩みが消えずにある。

そんな風に、人生のことを沢山悩んでいる。

ひっくるめて、死にたいに繋がるんだと思う。

 

死にたくないけど、死にたいと思う理由が5246853個はある。5246850個を超えた頃かはわからないけど、この3ヶ月くらいで明らかに「悩みが多すぎる」と気づいた。きっと私の容量はもう数パーセントしか残っていないのに、悩みを削除できていないのでこのままだとクラッシュする。

 

お酒に逃げてしまう癖がついた。自我のあるときは悩んでばかりいるので、お酒を使ってぶっ飛ぶことで目をそらしていた。歩けないくらい飲むことが増えた。その瞬間は楽しい。そうやって生き延びている、という感じがする。

お酒が新たな悩みを生むこともあるが(「お金が減る」「身体が悪くなる」「人の信頼を失う」など)、そうしないとクラッシュしてしまうので、お酒を飲んだ。こういうとき、悩みを天秤にかけているんだと思う。パソコンの例えを続けると、「仕事の悩み」が5MBの大きさだとして、「お金が減る」が4000KB程度の悩みなら、仕事の悩みを一旦忘れさせてくれるお酒を飲む。容量がグンと増えた気がするからだ。

実際はなんの解決にもなってないし、むしろ悪化しているのは気づいている。

 

 解決しなければいけない。悩みを減らさなければいけない。すぐには無理でも、デスクトップ にある無数の「新しいフォルダー」に名前をつけて、カテゴライズして、プライオリティをつけていかなければいけない。今すぐ捨てられる悩みもきっとあるだろう。可視化。悩みの可視化をしなければならない。

 

さもなくば、私は死んでしまうと思う。

死にたくない。